FC2ブログ
ヒップの大きな女性を描いた官能小説  18歳未満閲覧禁止、速やかに退出して下さい >>> 出口

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第13話 予期せぬクライマックス
外見上いくら小奇麗にしてても、女の肛門は汚い・・・
何だか苛めたい気分になってくる・・・
俺は思わず衝動的に皺の中に指を入れた

「あん!だめよん!そこは・・・」
「あ、ごめ・・・」と謝り即座に指を抜いたが、今の反応は間違いなく演技ではない、、 そのリアルな反応に堪らなく興奮してしまった俺は、いよいよフィニッシュを確信した、、

思いっきりみつ子の尻めがけてピストンを繰り返す、、、
室内に俺の睾丸とみつ子の股間とがぶつかり合う音が木霊する、、、
思い描いてた通りの完璧なフィニッシュの情景、、、なのだが、、、
いかんせんペニスへの刺激が少ないのが残念でたまらない、、、

折角中だしを許可してくれたみつ子には悪いが、 このままピストンを繰り返しても、恐らく射精には至らないだろう・・・

俺は不本意ながら●宝をち●から抜きとり自らシゴキに入った、、
普段の慣れた手つきでシゴかれた俺の●宝は、瞬く間に頂点に達していく、、
変に思ってみつ子が振り向いた当にその瞬間
「あ、あ、あ、出るぅ~~~~~!!」
俺の歓喜の声と共に亀頭から勢い良く放出された精液が、みつ子の尻丘を軽々と飛び越える、、、
そして彼女の背中、シーツ、はたまた顔面近くに散り散りに落下した、、、

FC2 BlogRanking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。