FC2ブログ
ヒップの大きな女性を描いた官能小説  18歳未満閲覧禁止、速やかに退出して下さい >>> 出口

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21話 計算どおりの流れ
実可子がシャワーを浴びている間に枕元のスイッチを色々操作した
これが・・・か、そしてこれが回転・・・
とりあえず部屋の明かりは枕元のライトだけで十分だ
何とか69に持ち込み、実可子の尻をこちらに向かそう
そうすれば全てを拝める・・・俺はSEXの流れを計算していると
実可子が浴室から出てきた、脱衣室にいる彼女を視姦する
バスタオルを体に巻いているが、腰だけ極端に盛り上がる
見事な巨尻だ・・・実可子が巨尻を振りながら歩いてくる
俺からはやや離れて回転ベッドの隅っこに腰掛けた

もう我慢できない!俺はすぐさま実可子に詰め寄った
実可子は驚いたように目を見開き、近づく俺を凝視する
俺はいきなり実可子の唇に吸い付いた
実可子は目を見開き続けながらも、しっかりと吸い付き返してくれた
出会ったばかりの男女が愛もなしに、ただSEXの前儀として口を吸い合う
何度やってもこの瞬間は興奮する、テレクラ独特のわざとらしいSEXの流れ
実可子を押し倒しバスタオルを剥ぐと、乳首は既に立っていた
その両乳首を吸い、摘み、そして股間へ・・・陰毛は意外に薄い
局部はやはり生臭い、舐めあげる、そしてクリッ★を吸う
十分に味わったので、今度は主導権を実可子に譲る
「ねぇーお返しして!」遠まわしなフェラチ★の要求だ
一瞬戸惑った実可子だが、すぐに理解し上体を起こした
この瞬間を逃さず「69しよ・・・」と提案する
「はぁ~・・・」露骨な表現に実可子は軽く溜息をつきながら
俺の顔の上に跨った

FC2 BlogRanking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。