FC2ブログ
ヒップの大きな女性を描いた官能小説  18歳未満閲覧禁止、速やかに退出して下さい >>> 出口

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6話 遭遇
バイオレット色した車にはサングラスをかけた女が乗っていた。
サングラスの女は、車のナンバーから、俺が待ち合わせをした相手である事を確認すると、ニヤリと笑って会釈した。
俺の車の数台横の空きスペースに駐車し終わると、すばやく俺の車の中に乗り込んでくる・・・

待った?結構道混んでたのよ・・・

みつ子は電話と同じハスキーな声で聞いてくると同時にサングラスを外した。
二重のくっきりした目が挑戦的にこちらを見つめる、、
比較的丸顔で目鼻立ちのハッキリしたフェイスだ、、
(最近の有名人に例えるなら友近辺りかな?)
ヘアスタイルはロングだが、この日は全体をアップにし、頭の上にお団子状に束ねている、、
期待した以上の妖艶な外見を目の当たりにし、一気に俺の興奮は最高潮に達していった、、

ああ、、いや、、そうでもないですよ、、、

息の弾んだ声で慌てて返事をし、車を発進させた。
普段女気のない車内に、熟した女のフェロモンが充満していく、、
テントは予定通り見事な型に張って、そしてみつ子に向かって脈打っている、、
みつ子と俺がこれからまぐわる部屋が徐々に近づいてきた・・・

FC2 BlogRanking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。